*

再生への道筋

民事再生による解決は住宅ローン等がある多重債務に苦しんでいる債務者を対象とした、マンションを手放すことなく金銭面で立ち直るために法的な機関による債務圧縮の選択肢としてスタートした手段です。

 

この制度には、破産手続きみたいに免責不許可となる要件がなく、競馬などで借金を作った場合も手続きは取れますし自己破産をしてしまうと業務の停止になる免許で働いているような場合でも制度の活用が可能になります。

 

破産の場合は住んでいる家を保有したままにすることは許されませんし任意整理や特定調停などでも、元金そのものは完済していく必要がありますので、住宅ローン等も支払いながら返済をしていくことは現実として困難だと思われます。

 

ただ、民事再生という手続きを選ぶことができれば、住宅のためのローン以外の借金についてはかなりの場合において削減することも可能ですので余裕がある状態で住宅のローンを返しながら負債を払っていくことが可能ということです。

 

でも、民事再生は任意整理による処理特定調停といった方法と異なって一部分の債務だけを除き処理をすることは許されていませんし、破産申告においてのように借金自体が消えるのでもありません。

 

それから、他の債務整理と比較するとこみいっていて手間が必要ですので住宅のためのローンを持っていて住宅を手放したくない状況などを除き、破産申請などのそれ以外の解決策がない際における最後の手続きと見ておいた方がいいでしょう。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 再生への道筋
  2. テスト


コメントする